‘レグパラ’ タグのついている投稿

レグパラの効果あり

2008 年 5 月 18 日 日曜日

レグパラを服用して2ヶ月以上が経過しましたが,どうやら効果があったようです。 :)

IP : 6.6 → 5.5
Ca : 10.4 → 9.1
PTH-i? : 239 → 137

特に食事を改善したわけではありません(反省 :p )ので,この差はまさに,レグパラ効果だと思います。

透析直後のCa値はむしろ,9.9[mg/dl]と高くなっていますので,この辺が安定域なのかもしれません。高くなる理由は,透析液(キンダリーAF-2号)のCa濃度が3[mEq/L]だと言うことも有るのかも・・・

リンの方は,まだまだ変動気味で,食事に無頓着な現状では妥当な値かも。

追記:シナカルセトとして,透析百科に項目が追加されました→ こちら

レグパラの効果が徐々に・・・

2008 年 4 月 6 日 日曜日

3月2日から服用を始めているレグパラ25mg錠ですが,少しだけ効果が現れ始めました。と言っても3週間前・・・つまり,服用後2週間経過時点(3月14日採血)での検査値です。

  • P : 6台後半 → 6.2
  • Ca : 1o台前半?11台前半 → 9.5

Ca値がずいぶん長らく「高値」だったのですが,一気に9台に。このままPが4台にまで下がってくれると言うことなしなんですがねぇ・・・・QB:250がダメなら5回/週・・・

その後3週間も経過していますから,今回の採血による検査結果が楽しみですが,それは次回の検診日:4月19日に知ることになります。

レグパラ錠を服用し始めました

2008 年 3 月 5 日 水曜日

先週の診察日(3月1日)に,intact-PTH が上昇中(200台)であること,リンが高値で推移(6.5?7)していること,カルシウムはまぁまぁ(10.2)と言うことから,レナジェル(塩酸セベラマー)を奨められ,憩室持ちで便秘が要注意な為,丁重にお断り。

で,ここぞとばかりにレグパラ錠を処方して下さいと頼んでみました。(てつさんが「カーボスター®が良さそう」でコメント下さっているガスモチンとの併用も打診)

ただ,最近になって(黄連解毒湯の副作用?),食後2時間ほど経過してから胃酸がこみ上げてくる等の「腹部膨満感」が続いており,相談の結果「ガナトン錠」を毎食前に服用するという処方と併用して,レグパラを始める事になりました。

未だ4日しか経っていませんが,思ったほどの「むかつき」等の症状は出ていないようで,少し安堵。

効果の程は,検査結果が出て来次第,順次アップしていきます。

レグパラ®錠について聞いてきました

2008 年 2 月 2 日 土曜日

月2回の診察日でしたので,レグパラ®錠についても聞いてみました。

ちょっと,intactPTHが上昇しつつあるものの(11月:146,1月:210),もう少し様子を見ましょうとのこと。

Dr.は胃に関する不調を心配されており,リーフレットを読んでおくようにと,以下の資料をいただきました。

レグパラを服用される患者さんへ

PTH,カルシウム,リンが低下するので低カルシウム血症に要注意だそうです。例によってグレープフルーツも駄目です。

ちょっと意外だったのは,「1日1回『ほぼ同じ時刻に』服用してください」という但し書き。こんなの初めてです。

レグパラ®錠の処方箋

2008 年 1 月 31 日 木曜日

レグパラ®錠に関する「くすりのしおり」を見つけました。

いろいろと「副作用」の事が書かれていて,躊躇してしまいますね。

でも何故「くすりのしおり」と言うひらがな文書が「医療者専用」サイトに載るの?どうみても患者サイドの情報のように思えるのですが・・・

レグパラ®錠はどう?

2008 年 1 月 23 日 水曜日

どうも血清リン値が下がらないので悩んでいます。5mg/dl後半から6台をウロウロ。7台に入ることもあります。

PTH-intact は,当初700pg/mlを越えた時期もあったのですが,パルス療法の甲斐あって100台にまで下がってきて,今はホーネル錠服用で落ち着いているようです。

Ca値は,活性型ビタミンD誘導体の服用中も酢酸カルシウムを服用し続けていた時期があって,一時は11越えとなりましたが今は10.5mg/dl程度です。

出きればCaは9前後,Pは4台に抑えたいのですが,思うようになりません。食べ過ぎでもないようです。 (さらに…)