ボタンホールに通常針は痛い!

2008/9/2 火曜日

しばらく調子よく入っていたボタンホールですが,此処何回か苦労しています。

HHD移行後,ズーッと上手く入っていたV側(返血側,静脈側)でこの前「強い抵抗」に会い,参りました。V側で通常針を使うのは初めてでしたので,かなり緊張しつつ「エイッ」とばかりに・・・逆血が有ったから良かったモノの,かなりきわどい手技。あまり続けてやりたくはないですねぇ。でも,上手く入って良かった。

で,問題なのはA側(脱血側,動脈側)の方。穿刺口も,次第に富士山型に育ってきているのですが,内部の血管壁も厚くなっているみたい。通常針を使うといかにも「ゴム板」に太い針を刺しているという感触で,あまり力を入れても貫通が怖い事もあって,ついついジワアッとした勢いで針を進めてしまいます。

指導では「プスッ」と入った時点で「ピタッ」と止められるように,この様に指をあてがって云々と言う手筈になっていたのですが・・・そんなに上手く行きませんねぇ・・・

で,この通常針穿刺の後が非常に「痛む」訳です。いかにも「傷口が痛む」と言う感覚です。

確かにダルで挿入しているときは「滅多に」痛まないのですが,通常針の時は,始めた頃より良く痛むようになっています。これは何故なんでしょうね?