とうとう降圧剤が不要になった

2008/9/2 火曜日

HHD移行前は血圧が高くて,降圧剤を3種類(ノルバスク,ブロプレス,アーチスト)も服用していたのですが,HHD移行直前で2種類(ディオパン,アーチスト)に減らせるようになり,HHD移行後はDW調節とバランスを取りながら1種類(ディオパン)に。

で,とうとう昨日からそのディオパンも休薬する事になりました。やはり「透析をしっかりすると血圧が標準値に近付く」と言うのは本当だったんですねぇ・・・ただ,今回ばかりは「急遽対処していただく」羽目になってしまいました。

実は,一昨日のことですが,朝からむかついたり,立ち眩みを覚えたり,挙げ句には目眩とともに倒れそうになったりで,仕事が手に着かない状態に陥りました。

恐らく血圧が下がっているのだろうと思いましたが,会社の血圧計が壊れていたこともあって,数値はつかめませんでした。

帰宅後,早速血圧を測定しましたところ,ズーッと100/65程度で脈拍も100前後・・・でも,この数値では「普通」の感覚でしたので,昼間はもっと低かったんでしょう。しんどかったはずです。

翌日(昨日)は,同じ目に遭わぬようとりあえずディオパンを服用せずに会社に向かい,持参した血圧計で様子を見ましたが,130/85で脈拍も85前後と,少し落ち着いたようです。

この事を,主治医に連絡して指示を仰ぎましたところ,ディオパンを中止しましょうと言うことに。