腎臓再生に一歩前進!

Pocket
LINEで送る

夢のiPS細胞の登場。

しかし,腎臓のような小さな組織が組み合わさって,それ自体が複雑な構造物である立体臓器の再生は遠い先だと思っていたら・・・意外に早まりそう。

ヒトiPS細胞を用いて腎臓の一部構造を再現 Nature Communicationsに掲載

内容は難しそうですが,中間中胚葉を効率良く製造できると,そこから腎臓の各細胞へ分化させることができそうで,今回は腎尿細管を構築できた!と言う事らしい。

これからが大変なんでしょうけど,非常に希望がモテる研究が進展しているという朗報。

長生きできるように,しっかり透析して長生きしましょう・・・・

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    辺血時の静脈圧上昇