ヘマト上昇中!

2008/9/2 火曜日

ヘマトクリット値(Ht)が上昇し出しました。 :)

私の場合,フェジンで強度の薬疹(アナフィラキーショックの軽いケース)をおこしてから,鉄剤の静注が出来ませんので,フェリチン値が下がる一方でした。

しかも,家庭透析でのエポ静注が禁止となって,2回/月の大量投与に変更となってからと言うもの,関係有るのか無いのか,フェリチン値が激減し,とうとう一桁にまで落ち込んでいました。

当然,ヘマトは30前後で停滞気味。

ところが,1ヶ月ほど前から主治医に処方して戴いた鉄剤を服用するようになってから,一気にフェリチン値が60近くにまで上昇しました。

これに合わせて,ヘマトも36程度に急上昇。

この調子で行けば,エポの減量が可能となりそうで,やはり現在殆どの施設で「標準」として受け入れられている透析効率ではあまりにも「低効率」で,エポの使用量を減らせない現状ですが,HHD等でちょっと効率を上げるだけで,エポの減量が期待できる。と言えそうです。

透析医会はもとより,厚労省も考え直して,せめて「4.5時間/回,4回/週,250ml/min」を最低条件として「on-line HDF が望ましい」とすべきでしょうね。勿論,透析液の浄化は言うまでもありませんが。