血液検査が通院時のみに変更される

Pocket
LINEで送る

来月から,月2回行っている血液検査が月1回,しかもクリニックにて行うことになってしまいました。

透析量をみる透析前後の採血がなくなるということで,かなりショック。

どうやら,自宅で採血した血液ではカリウム値が(溶血等により)正確に見られないというのが理由らしいのですが,突然月1回だけでしかも通常時だけというのは・・・

ま,安定しているからHHD出来ているとも言えるので,しばらく様子を見ていこう。

時間や回数を変更するときだけでも,前後値を採血させていただけないか,交渉してみます。 :)

    血液検査が通院時のみに変更される” に対して3件のコメントがあります。

    1. kusakari より:

      元々、どういう方法で血液検体を処理していましたか?

      血清分離剤入りのスピッツで採血して、分離後に速やかに上澄み(血清)を細長い吸い口の付いたビニールチューブで吸い取り、吸い口部分を焼いて閉じる。 というのが主流かと想像しています。
      之ならそんなにカリウムは上がらないはずなのですが・・・

      もちろん、理想はすぐに遠心分離することですけど。

    2. zero より:

      > 血清分離剤入りのスピッツで採血して、

      ここまではやってます。

      > 分離後に速やかに上澄み(血清)を細長い吸い口の付いたビニールチューブで吸い取り、

      ???・・・スピッツ管に採取して,そのままクリニックへ持参しています。
      そのあと,どうされているかは判らないです。

      で,先週クリニックに伺ったとき,通院時の採取は2月だけにする。前後の採取は,3月から再開する。とのことでした。ホッとしています。
      (クリニック内でも意見が割れているようでしたが,最終的には院長の判断で)

    3. zero より:

      その後,再検討されたようで,前後の採血は行って貰えそうです。 :)
      で,定期的な「通院時の採血」も加えたいとのことで,現在の自宅採血回数は減るだろうとのことでした。

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    前の記事

    腎臓再生への道