急性の風邪?

2008/9/2 火曜日

先週の土曜日,どうも喉がいがらっぽくて,午前中の歯医者からの帰りから更に喉が痛んできた。ヤバイ!

で,その夜の透析は「喉が痛む」と言いながらも問題なく無事に終了。

ところが翌日の朝。どうも気だるい。まさかと思いながら,体温を測ってみると・・・

39.2℃!・・・嘘じゃないかともう一度・・・やはり39.0℃!!

どうやら扁桃腺からの風邪か?・・・日曜日なんで,ダメもとで近くの総合病院に電話を掛けてみる。と,今日は外科が担当のため他院を紹介と・・・で,その他院。「初めての方ですか?なら,何々医院に・・・」「もういい!」

そんなこんなで(最高は39.4℃でした),結局主治医に直接電話してみると・・・「これから往診しましょうか」と。

いやまぁ,そこまでして戴かなくても・・・手元にあった抗生剤を服用して様子を見ることに。・・・効果があったのか,夕方にやっと38.5℃前後から徐々に37℃台へと低下。

翌日朝早くに主治医から電話を戴いたので,無事快方に向かっている旨,お伝えしました。こういう場合,医師が待機してくださっていると言うのは心強いものです。

ま,朝方は37℃程度の微熱でしたし体もだるいので,珍しく病欠と言うことにして,1日安静にしていました。(実は,鼻風邪はその後一週間続くことに・・・)

透析日が高熱でなくて何よりでした。ま,そういう場合は透析などせずに「安静に」しておればいいのかもしれませんが・・・