レグパラ®錠はどう?

2008/9/2 火曜日

どうも血清リン値が下がらないので悩んでいます。5mg/dl後半から6台をウロウロ。7台に入ることもあります。

PTH-intact は,当初700pg/mlを越えた時期もあったのですが,パルス療法の甲斐あって100台にまで下がってきて,今はホーネル錠服用で落ち着いているようです。

Ca値は,活性型ビタミンD誘導体の服用中も酢酸カルシウムを服用し続けていた時期があって,一時は11越えとなりましたが今は10.5mg/dl程度です。

出きればCaは9前後,Pは4台に抑えたいのですが,思うようになりません。食べ過ぎでもないようです。で,最近知ったのですが,キリンファーマのレグパラ®錠が近々(って明後日)発売になるそうです。(高い!) → http://www.kirinsmile.com/yakuzai/regpara/reg_yka.pdf

キリンファーマの説明によると「副甲状腺のカルシウム受容体に直接作用することにより、血清カルシウム値を上昇させずにPTHの分泌を抑制するほか、血清カルシウム値、血清リン値を低下させる作用も有している」画期的な薬剤なんだそうです。

つまり,カルシウムが低下しないように「炭酸カルシウム」を服用しながら,リンを抑えると言う効果が期待できるわけです。・・・これ,良さそうです。(H2ブロッカー服用による炭酸カルシウムのリン吸着効果が半減する心配も無用。純粋にカルシウム源として補給できる)

次回診察時,Dr.に聞いてみよう。 :)