ダイアライザーが変わるとか・・・

2008/9/2 火曜日

現在,旭化成メディカル製のAPS?21Sを使用しているのですが,これはホロファイバーがポリスルホン膜で出来ているタイプで「機能分類?型」に分類されます。

で,近々同じく旭化成メディカル製のVPS?21Hに変わるんだそうです。β2MGの除去能アップ,私のRLS(イライラ足)の改善等に期待できるそうです。

エッ!そんなダイアライザーって有ったの?

と言うことで,いつもお世話になっている愛腎協さんのスタディへ・・・・

ありましたありました。ちゃんとスタディの「ダイアライザー性能データ一覧表」にVPSシリーズがありました。なになに・・・「エクセブレンPS」?・・・CL?EEシリーズは「エクセブレン」とだけ。

ポリスルホンのエクセブレンタイプって事のようですね。

エクセブレン:ビタミンE改質セルロース なんだそうだ。これは,生体適合性改善のために開発された膜で,ビタミンEが「抗酸化作用」を有する事から,活性酸素の消失という効果も・・・

で,エクセブレンPSと言うことは,PS膜にビタミンE改質セルロースがコーティング(当然内側に)されていると言うこと?・・・ちょっとこの辺がよく判らない。

ただ,このダイアライザーは「機能分類?型」だそうなんで,内部濾過を余り期待できそうもないですね。その分,水質基準が緩和されるとは言えそうですが・・・

???あれっ?・・・確か機能分類って「β2MG」のクリアランスで分かれたんじゃなかったっけ?

?,?型共通:限外濾過率が 3.0ml/mmHg/hr 以上,尿素クリアランスが 150ml/min 以上

?型:β2MGクリアランスが 30ml/min 以上 かつ 50ml/min 未満

?型:β2MGクリアランスが 50ml/min 以上 かつ 70ml/min 未満

と言うことは,結局「抜けは悪い」ダイアライザーって事?・・・長時間透析用かな?