ダイアライザーが変わるとか・・・

Pocket
LINEで送る

現在,旭化成メディカル製のAPS?21Sを使用しているのですが,これはホロファイバーがポリスルホン膜で出来ているタイプで「機能分類?型」に分類されます。

で,近々同じく旭化成メディカル製のVPS?21Hに変わるんだそうです。β2MGの除去能アップ,私のRLS(イライラ足)の改善等に期待できるそうです。

エッ!そんなダイアライザーって有ったの?

と言うことで,いつもお世話になっている愛腎協さんのスタディへ・・・・

ありましたありました。ちゃんとスタディの「ダイアライザー性能データ一覧表」にVPSシリーズがありました。なになに・・・「エクセブレンPS」?・・・CL?EEシリーズは「エクセブレン」とだけ。

ポリスルホンのエクセブレンタイプって事のようですね。

エクセブレン:ビタミンE改質セルロース なんだそうだ。これは,生体適合性改善のために開発された膜で,ビタミンEが「抗酸化作用」を有する事から,活性酸素の消失という効果も・・・

で,エクセブレンPSと言うことは,PS膜にビタミンE改質セルロースがコーティング(当然内側に)されていると言うこと?・・・ちょっとこの辺がよく判らない。

ただ,このダイアライザーは「機能分類?型」だそうなんで,内部濾過を余り期待できそうもないですね。その分,水質基準が緩和されるとは言えそうですが・・・

???あれっ?・・・確か機能分類って「β2MG」のクリアランスで分かれたんじゃなかったっけ?

?,?型共通:限外濾過率が 3.0ml/mmHg/hr 以上,尿素クリアランスが 150ml/min 以上

?型:β2MGクリアランスが 30ml/min 以上 かつ 50ml/min 未満

?型:β2MGクリアランスが 50ml/min 以上 かつ 70ml/min 未満

と言うことは,結局「抜けは悪い」ダイアライザーって事?・・・長時間透析用かな?

    ダイアライザーが変わるとか・・・” に対して10件のコメントがあります。

    1. zero より:

      VPS-Hでは?型の除去能しか無いと言うことで,VPS-HAと言うのが?型への改良品として開発されているらしい。(from 第22回 ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 一般演題:No.47)

      しかし,VPS-Hシリーズしか見つからないのは何故?・・・まだ未認可と言うことかな?

      それにしても,今の施設は「挑戦的」で頼もしい。どんな検査データになるか,体調がどうかわるか,楽しみです。

    2. ハル より:

      はじめまして。

      自分もHHDに興味がありいつものぞかせてもらっています。

      VPSに関してはHAとういう4型が今、治験をやっていますね。
      うちの施設でも数回使わせてもらいましたが。。

      残血防止で使ってみたのですがあまり効果がなかったので止めましたが。

    3. zero より:

      ハルさん,はじめまして。(2001年宇宙の旅を彷彿)

      ・・・HHDの存在だけでも広まればと思っています。選択は自由ですしね。

      > VPSに関してはHAとういう4型が今、治験をやっていますね。

      まだ治験段階でしたか?・・・だから見つからなかったんかぁ・・・・

      残血防止の効果が有意でないとのことでしたが,VPS-H では残血し易いのでしょうか?・・・今は,何を使われていますか?

      質問ばかりで,すみません。 :o

    4. ハル より:

      自分はAPS-SAです。

      VPS?Hが残血をしやすいというわけではなく、残血しやすい人がVPSを使ったら残血がしにくいという発表があったので試してみたというわけです。

    5. zero より:

      なるほど,理解しました。

      APS-SA は APS-S より抜けが良く,VPS-H は抜けが悪い(だから?型)と思うのですが,その辺はデータ的に如何でしたでしょうか? :?

      それとも,最初から VPS-HA でのテストだったので,抜け方にも差はなかったのでしょうか?

    6. ハル より:

      残血の方を優先したので今回は抜けのテストはしていません。

      メーカーから4型として来たのでその患者が使っていたAPS-MDと同型なので使用しました。

    7. zero より:

      MDと同型?・・・同性能?

      と言うことは,それでもUFRが少ないですね。

      VPS-21H  MD  S   SA
        45  58  71  74  (ml/mmHg・hr)

      とは言え,昔は BK-F,TS-SL でしたから,TS-SL に戻る程度かな?

    8. hira@愛腎協 より:

      補足ですが、ダイアライザー機能区分のβ2?ミクログロブリンクリアランスは、1・5平方メートル換算値です。

      型番のSAとかHAの「A」は、たぶん、透析液の流れをよくするように
      改良されたタイプではなかったかと思います。

      ところで、zeroさんは イビキが止まっていることがあるなど
      奥さまに指摘されたことなどございませんでしょうか。
      睡眠時無呼吸症候群の人に 高率でRLSがあるという文献みたことがあります。

    9. zero より:

      hiraさん,機能区分の前提の件,有り難うございます。抜けていましたね。

      A付きは透析液の流れが良くなり,結果として内部濾過が進むと言うことでね?

      技士さんの話では,これでRLS改善が期待できるかもとか。恐らく,?型に戻ることで,内部濾過が少なくなり,水質による影響が減少するとのお考えかも知れません。

      イビキですが,妻曰く「明け方にイビキをかいている事はあるが,寝入りからしばらくはスースーと,静かな状態」だそうです。逆に,妻は「無呼吸」になることがあります。冷や冷やしますね。

    10. zero より:

      VPS は?型のを使うそうです。

      と言うことは VPS-21HA と言うことになります。 :p

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください