#author("2018-02-13T20:52:19+09:00","","")
#author("2018-02-13T20:53:40+09:00","","")
* Welcome [#k7f4b7e3]

長期間放置しっぱなしで,すみません.公私ともにいろいろあった数年間です.

当サイトも最初は,結構皆さんのネタ元にして戴いたようで,有り難い限りでしたが,いつの間にか内容も陳腐化.

後発の数々のサイトが充実してきているようですので,あまり構えずに,細々と続けたいと思います.

ではでは・・・

----

* [[在宅血液透析]]患者さんへ [#r8093cf5]

-震災を含めた大規模な災害に見舞われたとき,在宅血液透析はその後の対処について,一人で判断する事になります.
-お世話になっている透析施設と相談の上「緊急時の対応」などのマニュアルを作ってもらってください.
-また,当該施設が被災する場合もあり得ますから,その場合も含めて相談しておいてください.
-とっさには,相当不安になると思います。平静から準備しておきましょう.

----

// * [[第13回在宅血液透析研究会>http://www.tomita-cl.or.jp/info/img/info/infomation.pdf]] が無事開催され,成功裏に終了しました [#e8a0d8cd]

このサイトは[[HHD]](([[HHD]]という言葉は,その英語表記から「[[家庭血液透析]]」と訳すのが正しいのですが,2006年1月現在で流布している呼称として「[[在宅血液透析]]」を採用させて戴きました.)):Home Hemo-Dialysis(在宅[[血液透析]])関連の情報をまとめて行く事を目標に作成されています.⌣

-既に[[HHD]]に移行された方
-[[HHD]]を始めようと計画されている方や,そのご家族の方
-[[HHD]]って何?と思われたか方
-勿論,[[HHD]]を支援して下さる医療関係者の方

そんな方々に是非『参加』して戴ける様なサイトを目指しています.

// &color(blue){ただいま,[[受入施設]]((アンケートの結果,[[支援施設>受入施設]]と言う呼称も1/3程度の割合で使われているようです.))に関する情報が不足しておりますので,''情報提供''を宜しく!};

// &color(red){この場合の施設というのは,次のどの言葉がイメージにあっているでしょうか?};

// #vote(受入施設[10],教育施設[1],支援施設[5],指導施設[0],補助施設[0],管理施設[0],その他[0])

PS. 携帯にも対応しているようです。勇気のある方は,是非挑戦してみてください. ⌣

----
[[歴史]]を知る  [[実績]]を知る  [[手順]]を知る  [[効果]]を知る  [[目標]]を知る  [[経費]]を知る  [[効率>目標#calc_eff]]を知る
----
// :&size(12){[[在宅血液透析パンフレット:http://www7a.biglobe.ne.jp/~aijinkyo/zaitaku.pdf]]};|&size(10){[[在宅血液透析研究会事務局:http://www.mtz.co.jp/jshh/otoiawase.htm]]:愛腎協にリンク(PDFファイル 940KB)};~
// &size(10){[[HHD]]と施設透析のメリット・デメリットが判り易く表現されている};~
// :&size(12){[[在宅血液透析の現況、問題点、展望:http://www7a.biglobe.ne.jp/~aijinkyo/hhd02.htm]]};|&size(10){[[愛腎協>http://www7a.biglobe.ne.jp/~aijinkyo/]]:スタディより};

:&size(12){[[在宅血液透析ハンドブック―実技を中心にして:http://amzn.to/2ssNGzJ]]};|&size(10){新生会第一病院による[[在宅血液透析]]教育用ハンドブック};~
&size(10){1998年の1版のままですから,少し内容が古くなっています.第2版の発刊に請うご期待};

:&size(12){[[よくわかる透析療法ハンドブック:http://amzn.to/2BtlQXe]]};|&size(10){医療関係者だけでなく透析患者にも判り易く書かれたハンドブック(未購入)};
:&size(12){[[よくわかる透析療法ハンドブック:http://amzn.to/2BtlQXe]]};|&size(10){医療関係者だけでなく透析患者にも判り易く書かれたハンドブック};

:&size(12){[[血液浄化療法ハンドブック 2018:http://amzn.to/2Ensbpv]]};|&size(10){専門的で少し敷居が高いが,内容は深い(未購入)};
:&size(12){[[血液浄化療法ハンドブック 2018:http://amzn.to/2Ensbpv]]};|&size(10){専門的で少し敷居が高いが,内容は深い};

:&size(12){[[酸塩基平衡、水・電解質が好きになる―簡単なルールと演習問題で輸液をマスター:http://amzn.to/2BVPrJE]]};|&size(10){とことん極めたい人向き :)};

:&size(12){[[透析医が透析患者になってわかった しっかり透析のヒケツ: エビデンスに基づく患者さん本位の至適透析:http://amzn.to/2BYlMQ0]]};|&size(10){透析患者はもちろん,医療スタッフに是非読んで欲しい一冊};

----
:&size(12){[[在宅血液透析管理マニュアル:http://www.touseki-ikai.or.jp/htm/07_manual/doc/20100226_zaitaku_touseki.pdf]]};|&size(10){日本透析医会[PDF/225kB]};

:&size(12){[[透析医療事故防止のための標準的透析操作マニュアル:http://www.touseki-ikai.or.jp/htm/07_manual/doc/jikoboshiman.pdf]]};|&size(10){日本透析医会[pdf/190kB]};

:&size(12){[[透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン(四訂版):http://www.touseki-ikai.or.jp/htm/07_manual/doc/20150512_infection_guideline_ver4.pdf]]};((79ページ 5.透析液水質基準のET活性値単位 1) 標準透析液の生物学的汚染管理基準 ET活性値(誤)0.050EU/L →(正)0.050EU/mL))((130ページ ステートメント5)のエビデンスレベルと推奨度(誤)Level 2 B →(正)Level 1 E))|&size(10){日本透析医会[pdf/3503kB]};

:&size(12){[[透析液清浄化ガイドライン:http://www.ja-ces.or.jp/ce/wp-content/uploads/2013/03/72ca45279a884fa1f4faa647058754f5.pdf]]};|&size(10){日本臨床工学技士会[pdf/462kB](Ver2.01)};

:&size(12){[[安定期慢性維持透析の保険診断マニュアル:http://www.touseki-ikai.or.jp/htm/07_manual/doc/man.pdf]]};|&size(10){日本透析医会[pdf/500kB]-日本透析医会雑誌掲載(平成10年改訂版)};

:&size(12){[[透析装置等安全基準に関する報告書「透析装置等安全基準ガイドライン」:http://www.jacet.or.jp/cms/03publish/pdf/touseki_guide.pdf]]};|&size(10){日本臨床工学技士会[pdf/500kB](平成17年3月)};

:&size(12){[[透析用血液回路標準化基準(Ver.1.00):http://www.ja-ces.or.jp/03publish/pdf/touseki_hyoujunka_kijun1.00.pdf]]};|&size(10){日本臨床工学技士会[pdf/659kB](平成24年9月)};

:&size(12){[[在宅医療廃棄物の取扱いガイド(Ver.1.5):http://dl.med.or.jp/dl-med/doctor/haiki/zaitaku_haiki_pamphlet2.pdf]]};|&size(10){日本医師会[pdf/4.69MB](平成20年3月)};

----

// CENTER:&htmlinsert(hhd_feed.html);
// #br
CENTER:&size(12){&htmlinsert(rakuten-sup.html);};
CENTER:&size(12){&htmlinsert(kenko-sup.html);};
#br
// CENTER:&htmlinsert(bid-phos.html);
#br
// 家庭血液透析 在宅血液透析 血液透析 施設透析
// 腎炎 腎不全 人工透析 腎臓 医療 再生 幹細胞
// L-カルニチン コエンザイムQ10 CoQ10 アルファリポ酸 αリポ酸
// 酢酸カルシウム りんご酢カルシウム PHOS-EX
// CENTER:&htmlinsert(ads-1.html);
// #br
// CENTER:&htmlinsert(ads-ads.html); &htmlinsert(ads-fox.html);
#br
// CENTER:&htmlinsert(raku_dynamic.html);
#br
// CENTER:&htmlinsert(ads-lnk.html);
//#br
//CENTER:&htmlinsert(rss-tm-2.html);
//RIGHT:&htmlinsert(rss-tm-rss-2.html);

#description(在宅血液透析関連の情報をまとめて行く事を目標に作成されています)

#keywords(HHD,在宅血液透析,家庭血液透析,Home Hemo-Dialysis,血液透析,透析,HHDのススメ,homehemo,NHHD,ボタンホール,穿刺,在宅,家庭,施設,受入,支援,介助者,ダイアライザー,ダルニードル,腎炎,腎不全,人工透析,腎臓)

// 本サイトは,SSL/TLS証明書を取得しており,HTTPS通信に対応しています.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS