在宅血液透析を知る

1912年
米国ジョーンズホプキンス大学のエーブルによりウサギの血液透析
1945年
オランダのコルフにより初めての人間に対する臨床例
1967年
米国から初めて人工腎臓透析装置を輸入
血液透析が保険適用
1969年
日機装(株)が国産第1号の人工腎臓装置を製造
1969年
新生会付属診療所(協力:愛知県腎臓財団)にて日本で最初のHHDがスタート
当時はベッド不足を補うための苦肉の策として
1972年
新生会第一病院「家庭透析センター」としてシステム化
1998年 4月
在宅血液透析として保険に収載される
1998年
「家庭透析センター」が新生会第一病院に業務を引き継ぐ
1998年10月
長寿クリニック(指導:近畿大学医学部附属病院人工透析部)にて開始
1999年
埼玉医科大学病院にて開始
1999年 8月
クリニック198札幌にて開始
2001年 7月
香川県立中央病院にて開始
2003年 7月
富田クリニックにて開始
2003年11月
札幌北クリニックにて開始
2004年
静岡県立総合病院にて開始
2005年 3月
タケダ腎クリニックにて開始
2005年12月
亀山市立医療センターにて開始
2006年 1月
貴友会王子病院にて開始

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS