[[blog]]

去る6月17日(土)からスタートした[[HHD]]ですが,なんとか4ヶ月が過ぎたようです。アッと言う間ですね。・・・1年の1/3ですもんねぇ・・・

で何が変わったのか?それが「在宅血液透析を知る」のテーマでしたね。 ^^;

先ず,プラスに働いた面では・・・
: 血圧が下がった|収縮期の血圧が160〜180Hg程度だったのが,120〜140Hg程度に下がりました。透析中は更に10〜20mmHg程下がりますが,至って快調です。 :)
: 投薬量が減った|血圧の低下とともに降圧剤が減りました。当初,ノルバスク,ミカルディス,アーチストの3種類を朝・夕服用していたのですが,今では朝のアーチスト,ディオパンと夜のアーチストのみです。
: クレアチニンが激減した|当初は15mg/dl程度だったのが,最近は10mg/dl程度。
: 透析前BUN値が上がらない|60mg/dl前後だったのが,今では十二分な食事を摂取しているにもかかわらず,45mg/dl前後で落ち着いている。
: 下肢の浮腫が全く無くなった|週初めだけでなく週間にも浮腫んでいた下肢が,今は全く浮腫まない。
: 汗をかきやすくなった|直ぐに汗をかくようになり,健常者と変わらなくなった。

ではマイナス面は・・・
: KT/Veが1.2以下,BUN除去率が65%以下|前値が少ないから,後値が下がりきらずどうしても除去率が低くなっている。・・・ただ,前値が上がらないと言うことは,細胞からの除去も進んでいると解釈できる。
: アレジオンの効果が早く消える|先天的なアレルギー性掻痒感を抑えるために服用しているアレジオンだが,当初は週末に1錠×2回で十分だったが,今では週間に1錠よけいに服用しなければならなくなった。・・・これも,薬効が抜けるためだと思われる。

まぁ,マイナス面は無理に挙げてみたものの,むしろ[[HHD]]効果とも受け取れる内容で,今のところ「全て良し」と言った状況ですね。 ;)

あ!一つだけ,未解決の問題が・・・透析翌日の「脱力感」,「立ち眩み」です。ただ,これはDW増加とともにやや改善していますので,憩室炎による入院時期のDW減から急激に「肥えた」事の弊害のようで,まもなく元に戻ると思います。 :D

#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS