教育期間

以下は,各施設により異なる場合がありますので,あくまで一例として参考程度にとどめておいてください。

ダイアライザー,回路の設置・接続

  • 指定のダイアライザー?で有ること*1を確認して,透析装置に設置します。
  • 血液回路?を透析装置に設置し,静脈圧ライン,生食ラインとの接続*2を行います。
  • ダイアライザー?静脈側?を上にして蓋を外し,回路(通常[青色])を接続します。
  • 生食ラインの鉗子を外して動脈側?回路の採血側から廃液ポッドへ流し,流れ出たら回路に鉗子を掛けます。

プライミング

  • ポンプを100ml/min程度で駆動させて,動脈側?回路に生食を充填します。
  • ダイアライザー?動脈側?を上にして蓋を外し,回路(通常[赤色])を空気だまりを排除*3して接続します。
  • 800〜2500ml*4程度の生食で回路内を生食で充填するプライミングを行います。
  • プライミング終了後,更に100ml程度の生食を流しながら,コネクター等の接続部に残ったエアーを下流*5に流しておきます。
  • 回路の絡みや折れ等がないか,機械廻りのチェック等を行います。

*1 ウェットタイプなら液漏れの無いことも
*2 回路側に流れないようにクレンメを閉じたり,鉗子を掛けておく
*3 静脈チャンバーの入口以外に鉗子を掛け,チャンバーを絞り込むと良い
*4 透析中,後に強度の痒みが現れる等の異常を感じる場合は増量
*5 チャンバーに流れれば大丈夫なので,静脈側?チャンバーより後を重点的に

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-04 (火) 20:38:10 (898d)